スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

小室哲哉の保釈金の出どころ

2008.11.21
小室哲哉の保釈金はKEIKOが用意したらしいぞ。
この保釈金も小室哲哉の借金になるのだろうか?
小室哲哉は今後どうやって弁済するつもりなのだろうな?

小室被告 「裸の王様だった」 保釈金3千万円は妻ら用意
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081121-00000022-maip-soci
  → 動画再生
11月21日21時15分配信 毎日新聞

 「自分は裸の王様だった。今一度チャンスを与えていただき、音楽でみなさんに償いたい」。詐欺罪で21日、起訴された音楽プロデューサー、小室哲哉被告(49)は大阪地検特捜部の調べにそう供述したという。同日、保釈された際も「できることなら音楽を」と口にし、音楽への思いを強調した。

【写真特集】小室容疑者:起訴、保釈 栄光から転落まで

 午後6時半ごろ、大阪市都島区の大阪拘置所を出た小室被告は黒のタートルネックにジーパン姿。やや疲れた表情で、約200人の報道陣やファンらに何度も頭を下げた。保釈保証金3000万円は妻のKEIKOさん(36)らが用意したという。

 90年代、次々にヒット曲を生み、年収は一時20億円を超えた。しかし、海外事業への投資に失敗するなどして巨額の負債を抱えた。

 特捜部に「『小室時代』のピークを2回迎え、生活が豪奢(ごうしゃ)になっていた。誰からも意見されることのない裸の王様。そういう生活を疑問に思いながら続けた」と供述。逮捕について「人生をリセットし、再出発を図るチャンスを与えてもらった」と感謝の言葉を口にし、「曲の歌詞でチャンスという言葉をよく使ったが、今思えば軽々しく使っていた」と話したという。

 小室被告は保釈後、弁護士を通じ、「家族とともにできる限り早く償いをし、一日でも早く音楽活動をやらせていただきたい。ファンの方々に待っていただければ最高に幸せです」とのコメントを出した。【藤田剛、林田七恵】
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。