スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

北京五輪のテロ対策

2008.08.05
中国新疆ウイグル自治区カシュガルで武装警察の16人が殺害された事件はテロと断定したらしいぞ。
北京五輪は大丈夫なのか?
五輪出場選手や外国人観光客が被害に遭うと大変な事態だな。
アメリカ人が被害にあった場合は戦争になるかもしれないぞ。

独立派のテロと断定=男2人が自白-中国新疆事件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080805-00000211-jij-int
  → 動画再生
8月5日21時51分配信 時事通信

 【北京5日時事】中国新疆ウイグル自治区カシュガルで武装警察の16人が殺害された事件で、史大剛カシュガル地区党委書記は5日、身柄を拘束した男2人が自白したことを明らかにし、独立派によるテロ攻撃と断定した。
 現場で見つかった手製の爆弾が、2007年1月に警察がウイグル独立派組織「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」の訓練拠点を摘発した時の押収物と似ており、中国当局はETIMの犯行とみて捜査を進めている。
 記者会見した史書記らによると、今回の事件で使われた爆弾は2個で、ほかに未使用の9個が見つかったほか、手製の銃1丁、ナイフ2本、「聖戦」を唱える宣伝物も押収された。
 容疑者2人はカシュガルに住むウイグル族で、タクシー運転手と野菜の行商人。「攻撃は自分たちの生命や母親の平和な生活よりも重要であり、聖戦を決行しなければならない」という内容の遺書を残し、事前に謀議して盗んだダンプカーを使って犯行に及んだという。
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。