スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

亀田興毅のリング入りをかばう内藤大助

2008.07.31
内藤大助はいつまで亀田ファミリーに振り回されるつもりなのだろう。
亀田興毅にはもっと面白い発言をして欲しかった。
反則負けした弟の大毅は切腹発言したけど、興毅は何も言わないのか?
内藤も亀田家に対してもっと面白い発言をして欲しいぞ。

興毅のリング入りの波紋続く 防衛の内藤、坂田が会見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080731-00000951-san-spo
  → 動画再生
7月31日19時29分配信 産経新聞

 30日に行われたプロボクシングのフライ級ダブル世界タイトルマッチで防衛に成功した世界ボクシング評議会(WBC)同級チャンピオンの内藤大助(宮田)、世界ボクシング協会(WBA)同級王者の坂田健史(協栄)が31日、それぞれの所属ジムで会見。KO勝ちで劣勢をはねのけた内藤は「結果的に面白い試合になったが、いろいろ課題が分かった」、判定勝ちで4度目の防衛を果たした坂田は「1回から意識して飛ばし、スロースターターを少し挽回(ばんかい)できた。次につながる」と話した。

 一方、内藤の試合終了後にWBA同級1位の亀田興毅がリングに上がり挑戦を表明した問題で、中継したTBSには放送直後から約90件の抗議電話が入った。同様に20件以上の電話があった日本ボクシングコミッション(JBC)は「大きな規定違反はないが、世界挑戦の意思はジムを通じて示すもので、好ましくない」との見解を示した。
 内藤は「プロはお客さんに喜んでもらおうという意識が強い。あれぐらいはいいんじゃないか」と改めて亀田興をかばったが、対戦の意思については「ゆっくり1カ月くらい休んで、ジムと話しながら考えたい」と慎重な姿勢を示した。
 一方、坂田の所属する協栄ジムの金平桂一郎会長は「挑戦者がチャンピオンを指名するのは不愉快。坂田から逃げたんじゃないか」とまくし立て、「自戒の念を込めて言うが、変な駆け引きや演出はいらない」とかつて所属していた亀田興の行動に不快感を示した。
 また「亀田ジム」が承認される予定の8月の東日本協会理事会で、異議を唱える可能性も示唆。金平会長の独壇場となった会見に“主役”の坂田が「何の会見なのかな」と苦笑いする場面もあった。
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。