スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

不正合格教員の採用取り消し

2008.07.16
大分県の教育委員会も再編すべきではないのか?
不正合格した教員は、解雇して二度と教員として採用できないようにするのが妥当だと思うぞ。
大分以外でも不正採用はあるのだろうか?
いっせいに調べて欲しいぞ!

どうやって先生“解雇”?父母ら見切り発車に不安の声
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080716-00000953-san-soci
  → 動画再生
7月16日21時0分配信 産経新聞

 大分県教委は、不正な点数操作などで合格した教員の採用取り消しについて、プロジェクトチームを結成して、8月末までに一定の結論を出したいとしている。だが現状では調査の見通しなどは立っていない。

 不正採用が発覚した場合、新たな合格者を採用し、定員が埋まるまでの合格者を増やしていく方針で、学年途中で担任が入れ替わる恐れがある。人事配置を含め、今後、県教委のプロジェクトチーム(PT)が検討するとしており、対策が見切り発車であることが露見した。

 また、教員をどのように解雇するのかもはっきりせず、県内の教委や父母から不安の声が出ている。

 贈賄罪で起訴された校長が懲戒解雇、同容疑で教頭が逮捕されたうえ、3人の管理職が自分の昇進に当たり金券を贈ったとして休暇を取っている佐伯市教委では「後任の教員がきちんときてくれるだろうか」と心配する。新任教員が来た場合、一から学級づくりをやり直すことになるだけに、「現場に少なからず動揺があるだろう」。

 一方、大分市教委では、解雇者が出た場合の対応について「今はアイデアが出ない」。財政難に加え、年度途中で補正予算を組んでまで講師を採用するのは難しいと嘆く。

 「妙案があればこちらが聞きたいくらいだ。県にしっかりした対策をお願いするしかないだろう」と述べ、今後、自力でできる対応を検討したいという。

 大分市内の小学校PTA会長の男性(43)は、本来採用されたはずの教員が合格しなかったことは問題だとする一方、現在の教員については本人が不正にかかわっているかどうかと、学年途中で急に担任が変わった場合、子供に影響が出ないかの2点から一律に解雇することには配慮を求めたいという。

 「万一、教師が代わるなら年度末にするなど子供たちの気持ちを大事にしてほしい」と親ごころを語った。
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。