スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

小林祐梨子が初優勝<女子5000m>

2008.06.29
小林祐梨子が五輪代表に決まったらしいぞ。
日本の恥さらしにならないように頑張って欲しいものだ。
男子400mでは、金丸祐三が五輪代表入りしたらしいぞ。
北京五輪は盛り上がるのかな?

19歳小林、5000制し北京へ=塚原、金丸も初の代表-陸上日本選手権
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080629-00000072-jij-spo
  → 動画再生
6月29日20時31分配信 時事通信

 陸上の北京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は29日、川崎市等々力陸上競技場で行われ、女子5000メートルで同五輪参加標準記録Aを突破している19歳の小林祐梨子(豊田自動織機)が15分11秒97で初優勝し、初の五輪代表に決まった。
 男子100メートルは塚原直貴(富士通)が10秒31で3連覇、同400メートルは金丸祐三(法大)が45秒69で4連覇し、ともにA標準を突破済みのため初めて五輪代表入り。同3000メートル障害もA標準突破者の岩水嘉孝(富士通)が制して2大会連続代表。100メートル2位でA標準を切っている36歳の朝原宣治(大阪ガス)も、4度目の代表入りが確実となった。
 女子100メートルは福島千里(北海道ハイテクAC)が11秒48で初制覇。同400メートルは丹野麻美(ナチュリル)が52秒68で2年連続4度目の優勝を遂げた。
 今大会で、既に五輪代表に決まっていた男子ハンマー投げの室伏広治(ミズノ)を除き、男子は9種目8人、女子は3種目3人が代表入り。残る代表選手は、競歩を含めて30日の日本陸連理事会で大半が選ばれる。
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。