スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

上野樹里と玉木宏がウィーンで世界初ロケ

2009.07.07
上野樹里ちゃん可愛いね。
もしかして上野樹里ちゃんが吉高由里子から玉木宏を奪ったりして!
今では有名な女優に登りつめた上野樹里ちゃん。
無名の頃はけっこう過激なこともやっていたことはあまり知られていないようだ。
上野樹里ちゃんのヤバイ動画を発見!
ちょっと工口いので見たい奴だけ見ておくれ!

上野樹里&玉木宏“聖地”で世界初ロケ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090707-00000045-spn-ent
  → 動画再生
7月7日7時11分配信 スポニチアネックス

 クラシック音楽をテーマにした人気ドラマの映画版「のだめカンタービレ 最終楽章」の撮影が、音楽の都、オーストリアのウィーンで行われた。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が本拠地とする「楽友協会」の大ホールなどで大規模ロケ。同ホールでの映画撮影は世界初。“千秋先輩”こと玉木宏(29)が指揮する姿を“のだめ”こと主演の上野樹里(23)は、うっとりと見つめていた。

 えんび服姿の“千秋先輩”が、体を上下左右に揺らし「ベートーベン交響曲第7番」を指揮。最後の楽器の音がスーッと消えた瞬間、黄金色に輝く「楽友協会」大ホールを埋めた観客が一斉に立ち上がり「ブラボー!」の大声援。客席中央で聞きほれていた“のだめ”も、子供のようにはしゃぎ、拍手を送った。

 客席にはオーストリア人とスロバキア人のエキストラ約800人が参加。楽団もチェコから特別に招いた一行で、武内英樹監督の「カット!」の声がなければ本物のコンサートと間違うほどだ。

 由緒ある同ホールで映画が撮影されるのは初めて。公演中継をのぞくと、テレビ撮影でさえこの20年で4回しか行っていないという。製作陣が映画編の目玉にと約半年かけて交渉し、実現にこぎつけた。

 館内にはモーツァルト、シューマン、バッハ、ワーグナーと歴代の楽聖の胸像がずらり。偉大な音楽家に囲まれた上野は「申し訳ないことをしないように頑張らなければいけない」と、破天荒さは抑え気味に、音楽家としてののだめを前面に押し出す演技。玉木も「身が引き締まる。とにかく失礼のないようにと思ってタクトを振りました」と話した。

 玉木が立った指揮台は故ヘルベルト・フォン・カラヤン氏や、ウィーン国立歌劇場の音楽監督を務めている小澤征爾(73)ら名指揮者が立ってきた場所。国内の有名ホールにも立ったが「ここ以上の場所は望めませんね」と満足そうだった。

 今回はフランス、スロバキア、チェコ、オーストリアの欧州4カ国を縦断し撮影。同ホールはそのクライマックスで、映画の冒頭に登場する。「町を歩いているだけでベートーベンのお墓があったり、何かを感じました」と上野。クラシックの本場の空気に触れ、新しいのだめ像を作り上げているようだった。映画は前編、後編で、前編は12月19日、後編は来春公開される。
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。