スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

穂花が父と共演!

2009.06.03
穂花ちゃん可愛いね。
ごっくんや中出しを解禁せずに引退した穂花ちゃんの復帰作が父親とのプレイかと思ったら石橋貴明の娘の”穂のか”ちゃんだったようだな!
おいらは穂花ちゃんの方が好きだ!
穂花ちゃんの無臭性の動画を発見!これはレアものだぞ!

穂のか、父・石橋貴明との共演を夢見て舞台あいさつデビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090602-00000017-oric-ent
  → 動画再生
6月3日6時30分配信 オリコン

 人気コンビ・とんねるずの石橋貴明の娘で、映画『The Harimaya Bridge はりまや橋』で女優デビューを果たした穂のかが2日、都内で行われた同作の特別試写会で人生初となる舞台あいさつを行った。イベント前のインタビューでは、父・石橋に関する質問が集中したが、その点は心得たように「(2世を)意識しないのは難しいですが、自分のペースで、実力をつけてがんばります」と笑顔。「父と共演するのを目標としています。バラエティー番組でも何でも、胸を張って父の前に立てれば」と抱負を語った。

 さらに「私に浮いた話がなくて、父も心配している」と現在、19歳のお年頃でもある穂のかは「(恋人ができたら)きちんと紹介するつもりですが、相手の男性が嫌がるかも。今は男性より仕事の方がいっぱい、いっぱいです」と、作品から外れた質問にも堂々と答えた。舞台では、250人のほぼ満席の観客を前にして「緊張している」と声を微妙に震わせながらも、「偏見や先入観がどれだけ無意味なものなのか、という大切なメッセージがこめられている」と作品の見どころを語った。

 一方、主演の高岡早紀は「貴明さんに初めて会った時がちょうど、今の穂のかさんくらいの年齢でした」と回想し、「うちの息子も中学生になりました」と母の顔をみせた。今作で、ほぼ全編に渡って英語のセリフに挑戦した高岡は「息子の方が英語は達者なので、セリフを覚えるのを手伝ってもらった」と誇らしげに話していた。

 同作は、ひとりの黒人青年の高知での事故死をめぐって、日本に偏見をもったその父が、息子の軌跡を追うなかで高知の人々との心温まる出会いに戸惑い、さらに孫娘の存在を知り、こだわりや迷いが崩れ落ちていくさまを、映画『リーサル・ウェポン』シリーズなどで知られる米俳優ダニー・グローバーの製作総指揮、米俳優ベン・ギロリ主演で描く。英語教師として高知に住んでいた経験もあるアロン・ウルフォーク監督の長編デビュー作。6日(土)よりロケ地となったTOHOシネマズ高知にて先行公開、13日(土)より全国公開。
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。