スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

松本人志の「大日本人」が米公開!

2009.05.14
松本人志監督の映画『大日本人』がついにアメリカで公開されるらしいぞ。
アメリカ人に松本人志のセンスが理解できるのだろうか?
がきんちょにはうけるかもしれないな。
大日本人の動画はすでに出回っているが見ていない奴は見ておけよ!

松本人志『大日本人』ついに米上陸
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090514-00000006-vari-ent
  → 動画再生
5月14日11時19分配信 VARIETY

 「ダウンタウン」の松本人志の監督第1作『大日本人』(英題“Big Man Japan”)が、15日(金)から米で公開される。

 米配給会社マグノリア・ピクチャーズのジャンル映画部門であるマグネット・リリーシングが、世界各国からの独特なジャンル映画6本をリレー上映する「Six Shooterシリーズ」のトリを飾るもの。ニューヨークやロサンゼルスのアートハウス系劇場を皮切りに、サンフランシスコ、バークレー、シアトル、デンヴァーといった主要都市で上映される。

 マグノリア・ピクチャーズとマグネット・リリーシングのシニア・ヴァイス・プレジデントを務めるトム・クイン氏は、同作の獲得理由について、「典型的な日本のモンスター映画に対する何とも素晴らしくクレイジーなアプローチであり、“ジャンル映画”というものの際限なき可能性を示すユニークな例であるところ」と説明する。

 昨年10月にスタートした「Six Shooterシリーズ」については、「興味深く、エキサイティングなジャンル映画を集めることに注力してきた。6本のうち1本を気に入れば、大体においてほかの5本も楽しめるはず。クオリティの高い独特な作品を紹介することにより、視野が広く、スマートなジャンル映画ファンを増やすことができれば」と期待している。『大日本人』のほか、トーマス・アルフレッドソン監督のヴァンパイア映画“Let the Right One In”(スウェーデン)、ナチョ・ビガロンド監督のSFスリラー“Timecrimes”(スペイン)、フランク・ヴェスティエル監督の不条理ホラー“Eden Long”(フランス)など、ホラーやSF、コメディまで幅広い作品がラインナップされている。

 その企画のフィナーレを飾る作品が、「“Big Man Japan”でなければならなかった」と断言するクイン氏。興行に向けては、「米国市場はどの映画にとってもタフなもの」と前置きしながら、「冒険心のある映画ファンが集まっている巨大市場であることは確かなので、興行が成功するチャンスも大いにある」と予測している。

 松本監督は第2作『しんぼる』を完成させたばかり。ヨーロッパではおなじみとなった名前が、米国でどのように浸透するのか注目される。
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。