スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

北野誠に鶴瓶「アカン」だめだし!

2009.04.19
笑福亭鶴瓶が北野誠について「人の悪口はアカン。大阪の文化はいつの間にか、ボヤキ、愚痴になった。本来の大阪文化はもっと情があったし、品もあった」と発言したらしいぞ。
これは鶴瓶による北野誠つぶしなのか?
北野誠に明日はあるのか?父のように灯油かぶったりして!
北野誠の動画と鶴瓶の有名なポロリ動画!

鶴瓶 北野誠に「人の悪口アカン」…映画「ディア・ドクター」挨拶
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090419-00000025-sph-ent
  → 動画再生
4月19日8時0分配信 スポーツ報知

 落語家・笑福亭鶴瓶(57)が18日、茨城・常陸太田市で行われた初主演映画「ディア・ドクター」(西川美和監督、6月27日公開)の完成披露試写会で舞台あいさつを行った。

 昨夏に同地で撮影。山あいの村に務める医師・伊野治役を演じた鶴瓶。患者と“ウソ”を共有し、後に失踪(しっそう)する役を誠実に演じた鶴瓶は、エキストラで参加した300人を含む1000人を前に「こない真剣に(映画に)向き合ったのは初めてです」と堂々と宣言した。

 撮影時には地元の文具店から色紙がなくなるほどサインし、悩み相談までしてエキストラと交流を深めた鶴瓶に、西川監督(34)も「いやおうなしに人に好かれてしまう人。最後は『先生』と呼ばれていた」と敬意を表した。

 その一方で鶴瓶は、同じ事務所に所属し“不適切発言”のため謹慎中の北野誠(50)には厳しい言葉も。発言内容は知らないと前置きした上で「人の悪口はアカン。大阪の文化はいつの間にか、ボヤキ、愚痴になった。本来の大阪文化はもっと情があったし、品もあった」と苦言。映画のテーマの“ウソ”にちなみ、ティーチ・インでは、ユリ・ゲラーのスプーン曲げが流行した当時、「指が強いので、次々と(自力で)曲げていたら、(超能力があると)信じられた」と告白。「『ウソ』だと言ったのに信じてもらえんかった。人間のウソは恐ろしいところに行く」と自らの経験談を語った鶴瓶。エキストラとの再会で握手攻めにあいながら、まっとうに生きることの大切さを説いた。
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。