スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

上村愛子!世界選手権初優勝!

2009.03.08
上村愛子ちゃん可愛いね。
いろいろ話題の絶えない里谷多英ちゃんは残念だった!
上村愛子ちゃんもそろそろ里谷多英ちゃんのようにクラブでパコパコして動画を流出させてほしいぞ。
まだ、流出した動画を見ていない奴は消される前に見ておけよ!

上村愛子、精神面の弱さを克服し世界一
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090307-00000561-san-spo
  → 動画再生
3月7日19時24分配信 産経新聞

 第2エアを終えた時点で、勝利を確信した。笑顔とガッツポーズでゴールした上村が、来年のバンクーバー五輪制覇をより強く意識できる、意義深い世界選手権初優勝を飾った。

 「練習では良くない部分もあったが、自分らしい滑りができた。難しいコースで勝てたらうれしいというのはあったが、すごく気持ちよかった。すべて満足です」

 1位通過した予選に続き、決勝でも2位のハイルに2秒近くのスピード差をつけて、他を圧倒。ターン、エアともに全体1位の得点を奪った。今季のW杯では、速度が出てもエアやジャンプ後のランディングが不安定だったり、ターンの得点が出ない試合もあった。今回は大目標の試合で、すべてがかみ合った。なにより大きなプレッシャーを乗り越えたことは、最大の収穫となった。

 林辰男フリースタイル部長は「滑りもさることながら、成長したのは精神面」と振り返り、「頭の先からつめの先まで戦っていけ」と滑走直前に激励したヤンネ・ラハテラ・チーフコーチも、技術はもちろんのこと「プレッシャーの中での勝利」を手放しで評価。もちろん、そのことは本人がよくわかっている。

 精神面の成長について上村は、「いつも以上に緊張して、大きな大会で勝てなかった。失敗したらどうしよう考えてしまうところがあったが、未熟だったのかな」。以前の自分をこう振り返れるようになった。3度出場した五輪、6度出場した過去の世界選手権では2度の3位が最高だったが、精神面の弱さから脱皮。大舞台で勝てる愛子になった。(堀健二)
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。