スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  → 動画再生
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

甲斐バンド!活動終了!

2009.02.08
甲斐バンドが日本武道館で最終公演を行い活動を終えたらしいぞ!
とっくにこいつら終わっていたと思っていた!
これで本当に終了か?

甲斐バンド「100万$ナイト」で35年に幕
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090208-00000029-nks-ent
  → 動画再生
2月8日9時54分配信 日刊スポーツ

 甲斐バンドが活動を終えた。7日、「BEATNIK TOUR08-09 THE ONE NIGHT STAND」の最終公演が東京・日本武道館で行われた。同バンドは86年に解散した後も、期間を決めて活動してきたが、22年ぶりに行った今回の全国ツアーで35年の歴史にピリオドを打った。甲斐よしひろ(55)は「バンドは終わっても曲は残りますから」と1万人のファンに次々ヒット曲をプレゼントした。
 武道館が数え切れないほどの光に照らされた。ラストソングは「100万$ナイト」。巨大なミラーボールがつるせない会場ではメニューをすべて変えてでも歌わない、こだわりの曲で35年の歴史に幕を閉じた。
 「きんぽうげ」で始まった最後の甲斐バンドは180万枚を売り上げた「HERO」などヒット曲の連続だ。甲斐と同世代を中心にした客席の誰もが歌い、叫び、手を打ち鳴らした。
 ギター田中一郎(54)は「甲斐バンドは自分の部屋」と言った。ならば通算21度目の武道館はわが家なのか。松藤英男(54)もドラムにギターにボーカルにと、最後なのに気負いのない円熟味のある演奏が続いた。
 「甲斐バンドがいい」。全国のツアー会場でファンやイベンターがそうささやいた。かつては暴動寸前までヒートアップしたファンを前に甲斐は「お前らまるくなったな。ホント、自然に楽しんでくれてるな」と笑みを浮かべた。
 絶頂期からバンドを支えたメンバーや裏方が顔をそろえた今回のツアーも、当時より成熟していた。だからこそ、甲斐は「最後の甲斐バンド」だと決めた。メンバーもスタッフも個人活動に戻れば、それぞれの分野で責任ある立場にある。04年にはギター大森信和氏を亡くした。最高のメンバー、スタッフが集まれる機会は奇跡でもつくれない。
 86年に日本武道館で解散以後、過去4回、期間限定や一夜限りの復活を果たしている。それでも甲斐は「最後になるのは、今回集まった瞬間に全員が感じていた。それに、バンドはなくなっても曲や作品は残るから」と断言する。
 いよいよ解散だ。感傷的になる周囲をよそに甲斐が笑う。「『甲斐さん』は僕です」。つまらない駄じゃれも成熟の証明。甲斐バンドが輝いたままステージを降りた。【久我悟】
コメント&トラックバックは、なんでもOK!

色々!

時事情報部員NAGISA

有名教師ガイド

【希望<絶望】

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Comment

Comment form

チェックを入れると管理人以外は閲覧できません

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。